安全への取り組み

有限会社 北新重工業 トップページ
安全への取り組み

私達が解体工事で最も重要視している事は安全に作業をする事。万が一事故が起きた場合お客様の評判にも関わってしまい、近隣住民とのトラブルにもなりかねません。そういったトラブルや事故を未然に防ぎ安全第一で作業を行っております。

  1. 事前の現地調査で予測と対策
    安全対策を確り行うには工事前の現地調査が重要。近くに学校がある場合や道路の幅員によって重機の出入り、進入禁止のパイロン、警備員の配置などで安全の確保を行います。また建物によっては敷地の境界が塀で区切られている場合があります。この塀は施主だけ じゃなく隣家の方との共有物である可能性も。なにも確認せず塀を解体した場合トラブルに発展する所有者は誰であるのか確認が必要です。
  2. 建物解体時の養生対策
    高所での作業を伴う場合、安全に作業が行えるよう足場を作ります。その際、養生という シートで建物を囲い防音やホコリの飛散を防ぐほか、労働安全衛生規制に安全帯を使用する等の対策を行っております。また基本的な事ではありますが一般的に解体工事は騒音や 落下物防止などを考慮して内側から解体を行い外壁を後に行う流れが推奨されています。 養生しているからと慢心せず基本に忠実に工事を行います。
  3. 公共物を安全に撤去する対策
    解体工事後に地中を掘り起こさないと判断つかない場合もありますが図面を把握する事で事前に配水等を把握出来る事もあります。建築物の構造だけでなく地中にあるものを確認することで安全な工事計画が建てられます。水道局で配管の位置を正確に把握し、水道、ガス、電気の撤去は委託業者に依頼し確実に行います。
  4. アスベスト対策
    一昔前に社会問題になったアスベスト。人体に悪影響を及ぼす物質を含んだ建材ですが現 在新築される建物には当然使用されていません。ですが現在解体が進められている様な築年数が経ち老化が進んでいる物件にはアスベストが多く含まれているのが実態です。解体に伴いアスベストの粉塵を散らし現場スタッフ、近隣住民を巻き込んだ自体など決してあってはならない事態です。アスベストの除去作業には綿密な計画のもと細心の注意を払って行います。
  5. 保険による事故対策
    起こってはならない事ですが万が一の事故や隣家への損害が発生した場合でも、弊社保険により100%対応しております。騒音等に対する近隣からの苦情が起きないよう事前の挨拶や工事期間中の確りした対応を行っておりますので、どうぞご安心下さい。